1. HOME>>
  2. 実績>>
  3. 2016年

実績:2016年

経済産業省委託 2016年度 国際化促進インターンシップ事業(日本人派遣インターンシップ)の実績

事業成果

2016年度インターンシップ(日本人派遣)事業の成果実績 資料集ダウンロード

成果事例集

インターンそれぞれが自身のインターンシップの成果をまとめました。

2016年度インターンシップ(日本人派遣)事業 事例集

2016年度インターンシップ(日本人派遣)事業 事例集(英語版)

数値で見るプログラム

派遣国別インターン数

若手社会人、学生を対象として80名のインターンを2ヶ月~6ヶ月の間、16ヶ国へ派遣しました。

派遣国別インターン数

※画像をクリックしますと拡大画像を表示いたします。

< 公募型 >
ウェブ上に公開された受入機関候補リストから応募者が派遣希望先を選択して応募する方法
< 提案型 >
応募者が受入機関候補を開拓し、受入の合意を予め得た上で、受入機関候補の提案とともに応募する方法

インターンシップ事業の成果

1. インターンの目標達成は?

インターンが当事業へ応募した時の目標は以下の通りでした。

最も多かった目標は、「派遣国の文化・社会・商習慣の理解」、次に「自身のグローバルビジネスリーダーとしての資質の向上」でした。

「派遣国の文化・社会・商習慣の理解」、「自身のグローバルリーダーとしての資質の向上」について、「大いに達成できた」「かなり達成できた」と回答したインターンは全体の8割を超えました。

2. インターン自身の成長は?

インターンシップによって能力・資質が向上したかどうか、インターンに自己評価をしてもらった結果、ほとんどの項目において派遣前と比べて向上したと回答がありました。特に成長したのは、「好奇心・チャレンジ精神」、「コミュニケーション力」、「異文化理解力」でした。

3. インターン、所属企業、受入機関からの評価は?

インターンシップ全般について満足しているか、インターン、受入機関、所属企業にそれぞれ質問した結果、「非常に満足している」「満足している」という回答がいずれにおいても95%を超えました。

インターンからのコメント

  • ・国際的な商感覚、グローバル人材になるための素養、受入機関の業務に関する知識を身につけることがで、非常に満足している。
  • ・日本では経験できない事業内容に触れ、新興国の現状について実際に体験することができた。これは今後の自分のキャリアパスにおいて必ず活きてくる。
  • ・50社近くの企業を訪問し、現地企業と将来に繋がるコネクションを作ることができた。また、弊社製品に関連する建設現場視察を複数回できた。

社会人インターンの所属企業のコメント

  • ・海外展開に向けた若手社員の育成を目的として当事業に参加した。事前研修から派遣期間中、帰国後までのプログラムが充実している点が特によい。当社の場合、派遣期間中の緊急事態発生時にHIDAとジェトロの方々に迅速かつ丁寧なサポート・ケアをしていただいた。この事業に参加することにより、参加社員のみならず当社としても海外展開を進めていくうえで大変勉強になった。
  • ・日本語を話す社員が誰もいない受入先でインターンシップを行なってきたことで、非常に鍛えられ、成長をした姿をみることができた。
  • ・一企業としてなかなか中に入って活動ができない政府系機関に社員を派遣でき満足している。また、このインターンシップで得られた情報が今後の戦略や活動に大いに役立つ可能性がある。

4. インターン所属企業国際化促進への貢献は?

インターン所属企業の国際化促進という観点から、どのような期待を持って派遣したかについて4つの質問を行い、それぞれ以下の通りの結果となった。

社員(インターン)の海外ビジネスへの抵抗感をなくすという点においては、大企業、中小・中堅企業ともにほとんどの機関が達成できたと評価したが、特に大企業の評価が高かった。

社員(インターン)が国内外で活躍できる人材として成長させるという点においても、大企業、中小・中堅企業ともにほとんどの機関が達成できたと評価した。

今のところ海外展開の計画はないが、将来に向けて社内の国際化を図るという点においては、大企業では33%が「大いに達成できた」と評価している一方で、中小・中堅企業他では「大いに達成できた」「かなり達成できた」をあわせると75%が達成できたと評価した。

自社の海外展開を推進するという点においては、達成できたと回答した大企業は30%であったが、中小・中堅企業他では64%に達した。

5. インターンの英語力の向上は?

TOEIC® Speaking Writingテストから見る英語力の変化

インターンにはインターンシップ派遣前と派遣後にTOEIC®Speaking Writing テストを受験していただきました。スコア分布比較から、特にSpeakingの力が伸びていることが分かりました。

派遣後 帰国報告会の様子

本事業を通して各インターンが得た経験・インターンシップの成果等を、他のインターンと広く共有し、インターンシップを総括することを目的として、帰国した全インターンを招集して帰国報告会を開催しました。

学生インターン発表の様子

学生インターン発表の様子

社会人インターン発表の様子

社会人インターン発表の様子

インターンからのコメント

  • ・他国のインターンと情報共有ができた。(社会人)
  • ・学生同士の議論は非常にレベルが高く、充実した時間を過ごせた。(学生)
  • ・社会人の発表を聞いたことで、発表の質など、学生同士では分からない気づきを得た。(学生)
  • ・「英語が話せる」のがグローバル人材だと以前は思っていたが、それがすべてではないことを実感でき、有意義な体験であった。(社会人)

実績一覧へ戻る

コンテンツ一覧

  • 事業概要
  • スケジュール
  • 経費負担
  • お申込み方法
  • 受入機関一覧
  • よくあるご質問
  • お問合せ・ご相談
  • 体験Voice
  • 実績一覧はこちら

本事業は、経済産業省「平成29年技術協力活用型・新興国市場開拓事業」の一環として、HIDA及びJETROが同省より委託を受けて実施しています。

All Rights Reserved, Copyright(C) , by HIDA
ページトップへ